自閉症の心模様

アクセスカウンタ

zoom RSS 『沙羅双樹の木の向こうまで〜』の連載を始めます。。。

<<   作成日時 : 2010/02/08 20:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 

   『沙羅双樹の木の向こうまで〜』 数年前に、書籍化される状況にありましたが、自ら・・
  断念してしまい、障害関連の方々から掲載してほしい・・・との、意見を頂き、ウェブ上にて
  配信しておりましたが、熟慮した上、此処で連載をしてゆきたく思いました。

  興味のある方、同じ障害理解に苦しむ方々に読んで頂きたく思っています。
  
                                かのこ



-------------------------------------------------------------------------

--*--はじめに--*--――

今、目の前にある現実が「夢の中の出来事であってくれたら、

どんなに良かったか…」--*--*--*--*--*--




何故、こんなにも厳しい現実を与えられなければならないのか!

けれど、人は各自それぞれの『生まれてくる理由』を背負ってこの世に
誕生してくる。

それ自体が既に与えられた『奇跡』なのではないのでしょうか。

私たちは、この「地球という天体」のなかで、約束65億分の1の確率で
誕生してこれた、たったひとつの個性!

そして、今、65億の個性がこの現代社会の中で、ぶつかり合い、癒しあい、
語り合い、様々な想いを散りばめながら生きている。



「家族」という小さな関わりの中でさえ、お互いを理解しあえず、傷つけ合っ
てしまう哀しい現実!

厳しい現実を目の前に差し出され、与えられると人はどうしても直視できず、
自分優先の考えに心がとらわれてしまい、
心のフィルターが曇ってしまうものですね。これが人間の弱さなのでしょうね…
きっと・・・

私自身もこの弱さゆえに、
自分の狭い心の中をぐるぐると…「見つけられない答え」を探して、空回り
ばかりしていたような気がします。         

狭い自分の心の扉を開け、外の世界にも答えを探しにゆくことも必要なので
はないか…
やっと、そう思い始めることがほんの少しできるような気がしてきた今日この
頃です。


焦らずにゆっくりで良いから、心を整え…鉛筆とメモをリュックに入れて、
少しずつ近づいてくるであろう春に向かって歩きだしてみようと考えてい
ます。     

旅の目的地はまだ決まっていないけれど、あるきながらゆっくりと考えても
いいのかな―と、思う。

時々、ふと自分の魂の向こう側に真っ白な光があって「あの光の向こうに
自分の探している答えがきっとある…。」   

けれど、すぐ近くに感じていた光は遥か彼方のずーと遠い処から、光輝いて
いて…私の知らない世界からの光でした。    

そうして、私はそこで我に返る!「ああ…そうか…そうなんだ…、一番身近な
筈の我が子!       
私はなんという思い違いをしていたのだろう…」と、気づかされる。

                             (続きます・・・)



↓障害理解の為に、是非!応援して下さると嬉しい励みになります〜!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Maukie
                                             
『沙羅双樹の木の向こうまで〜』の連載を始めます。。。 自閉症の心模様/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる