自閉症の心模様

アクセスカウンタ

zoom RSS 【 18 】 モップの取り合いから、大パニック!大問題!

<<   作成日時 : 2010/07/06 02:47   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ある日のこと・・


Sは、同級生の子にモップの

取り合いから、パニックになり、相手の子を押し倒

し顔を引っかき、あごを手で押さえつけてしまい、



相手の子は、学校から病院に連れてゆき、検査

を受けました。       


幸いにも検査では異常は無く、放課後校長、担任

同行の元、その子の自宅に誤りにゆきました。      
 

その子の母親から後日、「うちの子はお宅の子に殺

されそうになった! そんな子を野放しにしておいて

いいのか!」と、激しく抗議を受けてしまいました。

                                   

後日、中学校の校長から呼ばれ「Sくんを入学させな

いで欲しい!」と、抗議を受けたと、伝えられたのです。



そして、続けて「お母さん、何もうちの中学でなくてもいい

んじゃないですか・・・? 他にも中学校はあるわけだし・・

その方がS君のためにもよいとおもいますがね・・・

どうですか?その方向で考えていただけないでしょうか

ね・・・?」と言われ、愕然としました。  
                                   
 

その日から私の心はさらに悩み続け、答えを見つけられ

ないままにあちこち情報機関や相談機関をひたすら探し

続けました。          



                           

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです〜かのこさん★
どんなにか辛いですね〜この状態はね。

味方をしてくれる人が周りにいないんですものね。
そんな中にいたかのこさんの気持ちを考えると、胸が痛みます。
どんなにか、苦しかったことでしょう。

改めてかのこさんの乗り越えて来た道、どんなにか辛かったことかと感じます。

冷たい社会の風・・ホントに愕然とするようなことですよね〜

一瞬でもほっとする時間が欲しかったでしょうね〜
popo
2010/07/11 05:02
popoさん〜!
ご訪問・コメントありがとうございます〜!
今、当時のことを振り返ると・・
あの頃は、本当に辛く孤独でした!

それでも、今、こうして・・
私も、わが子も生きているという事実〜!
苦難の狭間を歩きながらも・・
手を差し伸べてくれた人が居たから・・
奈落へと落ち行く寸前に、引き上げてくれた手があったから・・!
だから、これからの道々で・・同じ苦しみに
涙を溜めて苦しんでいる人が居るならば・・

ほんの一滴の微力だとしても、力に慣れるのかもしれない・・
その様にも考えます・・
そして、こうして、励ましと、心を寄り添うコメントを貰える事で、又、一つ生きる気力をもらえました・・!

popoさん〜!
ありがとうございます〜! これからも、よろしくお願い致します。。
かのこ
2010/07/12 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
Maukie
                                             
【 18 】 モップの取り合いから、大パニック!大問題! 自閉症の心模様/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる