自閉症の心模様

アクセスカウンタ

zoom RSS 卒業式〜 Sのパニック攻撃で倒れ・・救急搬送された私・・

<<   作成日時 : 2010/07/15 00:52   >>

トラックバック 0 / コメント 2




そして、遂に卒業式。                        

Sは同級生と同じ中学校への進級を自らの内側では願って
いました。  

もう、誰も自宅のチャイムを鳴らし、遊びに来てくれる子は一人
としていなくなってしまいました。                           
 

学校の先生方も正直、内心ほっとしているのが現実であったと
おもうのです。けれど、仕方の無い状況でしたから・・・

私は、ただただ・・感謝することしかできませんでした。                      
 
こんな手のかかる子を、それでも卒業式の日まで見てくれた
のですから・・・                              
                                   
 

卒業式の次の日からSにとって、そして私にとって大きな試練
の始まりが訪れるとは、夢にも思っておりませんでした。                
                                   
   

中学入学までの春休み。    

その第1日目。 朝はリタリンを飲み、落ち着いているかの様子
(効果は約、4時間。)でした。             
 

お昼頃、窓の外が何だか騒がしい。

Sの喚いてる声と他の子の声が・・・

何かをいい合っている。                          
 
私は慌てて外へ出た。Sが低学年の子のカードを取り上げ、意
地悪をしている。


私はSを家に連れて帰り(この頃はリタリンは1日2回になって
いました。)リタリンを食後に飲むよう促した途端!               
  

Sは私に突進してきて、蹴り、パンチをしてきたのです!

私とSは精神修養の為と、良かれと思い・・・、少林寺拳法、空
手と武道をやってきていたのです。


そのために私は受けの技でかわし続けているうちにSの行動
がとまり、ホッとした次の瞬間! 

Sの新たな蹴りをみぞおちにまともに受けてしまった私は(元々、
胃に持病があり・・・)吐いて倒れてしまいました。    
 


ボーっとした意識の中で私は(「もしかしたら・・大変なことになっ
てしまうかもしれない・・・ 誰か助けを呼ばなくては・・・。」)       
   

気づくとSがパニックを起こしながらアイスノンを持ってきたり、タオ
ルを持って来たりしながら泣き叫んで、私の背中に貼り付いて揺
すっている。                    

私はSに「市役所の児童相談員さんに電話して、隣のおばちゃん
を呼んできて・・・」

Sは泣き叫びながら隣の家のチャイムを鳴らしている。     
  

それから、すぐに隣の人と市役所の児童相談員さんが来てくれた
のですが・・


何故か?少年課の刑事さんが二人!!?     

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
胸が痛くなるような。アイスノンとは何ですか?
 私は未婚で日々悩みもあるが、結婚すれば幸せというものでもないのですね。
WILLIAM
2010/07/19 22:27
WILLIAMさん〜こんばんは♪

コメントを、ありがとうございます。。
手記を読んでくださり、感謝しています・・

今は、この時期からは・・
かなり、時が経過していますが・・それでも、当時のことを思い出すと、涙が零れることがあります・・
与えられた人生だから・・、悲しくても・・辛くても、遠くの未来に幸せが在ると信じて歩いてゆくしかないのかもしれませんよね。。

アイスノンって・・、頭を冷やす枕・・です〜
かのこ
2010/07/21 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
Maukie
                                             
卒業式〜 Sのパニック攻撃で倒れ・・救急搬送された私・・ 自閉症の心模様/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる