自閉症の心模様

アクセスカウンタ

zoom RSS 【21】閉鎖病棟に入院した我が子〜行政の隙間に落とされ・・

<<   作成日時 : 2010/07/27 17:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

前回の続き〜その後・・


けれど・・

私の知らない間に福祉の扱いが、いつの間にか県の児童福
祉法の扱いに切り替わっていて、子供の扱いが私の手元から
離れてしまっていたのです。

(書類だけが知らない裏側で動いてしまっていたのです。)
 

私は大分後になってからこの現状を知らされ、愕然としてしま
い、この状況を一年の月日をついやして様々な相談機関に訴
えて歩きました。         
  

そして、Sの入院から約1ヶ月半後・・・ 

県と都の金銭的な扱いの違いから「退院」せざるを得ない事態
に追い込まれ、治療の必要が残されている子であるにもかかわ
らず、行政の対立のために無理矢理の退院となってしまいまし
た。                                  
 

そして再び児童相談所の一時保護所へと戻されてしまったので
す。    


東京の病院側で出した‘紹介状‘の内容は「施設で充分やって
いけます。」の文面でした。     

治療途中とは書けなかったからです!            

何故、この様なことが起きてしまうのか・・・ 



私は子供を何とか再生の道へ歩ませたいと願っているだけな
のに・・・               
 
悔しくて、悲しくて、辛かったし本当に誰に、誰にこの思いを聞い
てもらえるだろうか・・・                            
 

当初、単なる「ADHD」では・・・?
と言われていたSでしたが、通院中の病院で最後に「アスぺル
ガー症候群では・・・?」と、医師と専門家の方から言われていた
のです。          




                                           
 

私は必死になり書店を歩き回り、関連図書を探し求める日々が
始まりました。     


東京の病院の時には「高機能自閉症」と「アスペルガー症候群」
さらに様々な発達障害が併発していて、すでに二次障害へと移
行している状況とのことで・・

東京の閉鎖病棟でも「今までSのような、ここまでの症例はなか
った。非常に難しい症例ですね・・」とまで言われてしまった現実
があるのです。  
 

治療途中で行政の対立でSの治療はストップし、予定されていた
「院内学級」も中止となり、再び児童相談所へともどされたのです。
                      

県でも、「こんな状況で東京の病院へはもう頼めない・・・」と、引き上
げる書類にしてしまったのです。     
                            




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Maukie
                                             
【21】閉鎖病棟に入院した我が子〜行政の隙間に落とされ・・ 自閉症の心模様/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる