自閉症の心模様

アクセスカウンタ

zoom RSS 【26】2004年、最初の講演会〜当事者としての声を伝える為に・・

<<   作成日時 : 2010/08/31 00:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 
 手記の連載 『沙羅双樹の木の向こうまで』

今日から、私の2004年秋に行なった「講演会」の文章を
載せます。当時、会場で、受け取り、お持ちの方もいるかと
思いますが。一応、手記にも載せました。

(文章は、原文のままですが、この連載と重複する部分は、
省かせていただきました・・)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

      2004年  アハメッド 敦子講演会              
 「親子供にアスペルガー症候群と判明して・・・今、私は」      
 
この文章は以前、私が「高機能自閉症〜アスペルガー症
候群とその他様々な発達障害が併発、さらに二次障害へ
移行してゆく中で」という文章を作成し(自力で行政、その
他の団体、友人、知人へ語りながら、配って歩いた一年でし
た。)〜まとめたものから、一部抜粋し、加筆したものです。                        

私自身のことを語ってゆくためには・・                       
                                   
 

一人息子として生まれたS。                     
                       
今になって振り返ってみると、アスペルガーであった(母親で
ある)私自身が、供にアスペルガーであった子供をしっかりと
育てられずに、母子供にパニック、混乱続きの毎日でした・・

子供が小学校5年生の冬、通院し始めた医療機関と平行して・・                   
                                   
 
母親である私自身も、人とのコミュニケーション、関わりの中で
いつも躓き浮いてしまう。

また、こだわりも強く気に入った色とか・・・服しか着ない。
(子供も全く同じでした。)       

私の父も考えるとそうでした。        

私が、24歳の時に亡くなり(当時私は遺跡発掘調査の現場で

5年程働き、気の合う仲間たちも沢山いた時代でした。)                
 

父は若い頃、美術大を卒業し、独り山歩きや写真(フォトコンテ

ストにも入選している。)占いなど・・・その後、伯父(母の弟)と

共同で造形、絵画、こけし造りなどアトリエで創作活動を行なっ

ていたようです。       
                                   
 
私は幼少時、カンナくずのカールの山の中に埋もれ遊んでいた

遠い日の、あの幼い日々の記憶が何十年も経つ時の流れの中

で未だ、ふと思い出されてくることがある・・・


                         続く・・                          
         

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Maukie
                                             
【26】2004年、最初の講演会〜当事者としての声を伝える為に・・ 自閉症の心模様/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる