自閉症の心模様

アクセスカウンタ

zoom RSS 【29】最初の人を避けた出来事・・ 『講演会』録〜

<<   作成日時 : 2010/09/26 03:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 

 

 『アハメッド 敦子講演会』録〜C              
  
 「親子供にアスペルガー症候群と判明して・・・今、私は」〜



 幼少の頃、私はどうも始めての家出をしたらしい

(私自身は覚えていないのだが・・・)昔の人が良く子供

に、「お前は橋のしたから拾われてきたんだ・・・」と父が

言ったらしく、その夜、私は家を出て行き、橋の下にうず

くまって座っていたらしい。  


母が何回も私に話してくれた話である。    
 
幼い子供心に「橋の下で拾われたんだから橋の下にい

ないといけない・・・」とでも思ってしまったのではないか

と、自分で推測してみたりもするのだが・・・
                          
幼少時より「危険」に対する感覚が鈍かったのかもしれ

ない。      
                                   
                                   
 

目をつむると思い出すのは、決まっていつもの同じ場面。

まだ幼かった頃(4、5歳?)家の近くの草地で近所の男

の子としゃがんで何かをしているところへ姉がやってきて、

「○○ちゃんアッちゃんの事好きみたいね〜」   
  

その直後から私は○○ちゃんから離れ、一人遊び始める

のですが、○○ちゃんは私の行く先々ピッタリくっついて

くる。
              
ついに私は向かい側の空き地へ「大移動」してしまった。
                

       

私の中の記憶ではこれが最初の「人を避けた」出来事で

あった様に思う。


                         


         
 


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Maukie
                                             
【29】最初の人を避けた出来事・・ 『講演会』録〜 自閉症の心模様/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる