心の トンネルを くぐり抜けて~

池の小さな 魚や 原っぱにいる 虫や蝶やカエル・・・  
バッタや とんぼ。。。                      
                                  
樹木や 野の花 川の流れに 見入って       
時を 忘れ 子供の頃にしか 味わえない    
                               
無心の世界に 我を忘れて どの子も夢中で
真っ黒になって 遊ぶ。。。              
                              
親の 苦労や 大人の世界に 渦巻く       
エゴなどとは 無縁の世界の中で         
純粋に 生きていた 子供時代。。。         
                             
だから その時の 父や母の苦労や          
大人の世界での 出来事などは    
知るはずも 無かった。。。              
                           
自分が 成長して 大人になって 子供時代を
振り返り 大人になった目で その頃の様々な 
出来事を一つひとつ 辿ってみると。。。         
                              
子供の頃には 見えていなかった 情景が      
見えてくる。。。                     
                             
                              
心の タイムマシーンで 遠い昔の時代の     
懐かしい 子供の頃へと 旅立つ。。。              
                                 
あの頃の 魂を 探しに出かけると 不思議な
感覚の世界に すっぽりと 包まれてしまう      
                                 
人は 誰も 世界でたったひとつの 自分だけの
心の 小箱を 持っている。。。            
                            
心の 小箱のカギは 個々の 独自の形をしていて
自分の 意思で 自由に 開けられる。。。      
                              
心の 小箱が 開かれる時。。。それは。。
聞き覚えのある 懐かしい メロディの音色が
心の 内側で 優しく流れる。。。

この記事へのコメント